〒442-0066 愛知県豊川市金屋元町2-56
0533-86-4131
0533-86-4134

スポット溶接とは?

スポット溶接とは?

金属の溶接は多くの製品の製造に使われていて、今のものづくりにおいてなくてはならない技術のひとつです。一般的に、金属の溶接方法では学校の授業でも習う「はんだ付け」などが有名ですが、これ以外にも金属の溶接方法は多数存在します。

金属の溶接方法の中でも「抵抗スポット溶接」は、高いスキルを持っていない人が作業しても接合部分がきれいに仕上がるといったことから、機能だけでなく見た目も重視される自動車や鉄道車両などの外観部の加工で応用されています。

今回は、そんな抵抗スポット溶接の仕組みや方法、メリット・デメリット、向いている素材などについてご紹介します。

金属を溶接する方法

金属の溶接方法は、主に以下の3つの種類に分類することができます。まずは、それらの特徴について確認しておきましょう。

融接

金属の溶接方法の中でも最も一般的である「融接」は、母材と溶加材を加熱することで溶かし、それを再凝固させることで金属を接合させる方法です。具体的な溶接法としては、「アーク溶接」「ガス溶接」「レーザー溶接」「電子ビーム溶接」などがあります。